ひどい生理痛に良い食べ物・よくない食べ物

 

生理痛は、食べ物で和らげる事ができるのでしょうか?
毎月つらい生理痛の方は、食べ物で緩和出来たら嬉しいですよね。
生理痛の原因を解消する食べ物を摂る事で、生理痛を緩和させる事が可能なのです。

生理痛に良い5つの食材

 

豆乳・大豆類

 

 

豆乳や大豆などに含まれるイソフラボンが、女性ホルモンの働きを助けて生理痛を緩和してくれる働きがあります。大豆にはタンパク質も多く含まれているので、生理不順や貧血などを防ぐ事にも有効とされています。
しかし、エストロゲンは増え過ぎると生理痛を悪化させる事もあるので、飲み過ぎないように注意しましょう。成人女性の大豆イソフラボンの摂取上限量は1日70〜75mgとされています。豆乳飲料200mlには大豆イソフラボン約20〜40mgが含まれていて、一番大豆イソフラボンが多く含まれてるのは無調整豆乳で、200mlに約60mg程です。
また、代表的な大豆食品に含まれる大豆イソフラボンの量は、納豆1パック(約50g):約35mg、豆腐1丁(約300g):約60mg、味噌大さじ1(約18g):約9mgになります。食事で大豆食品を摂った時は、大豆イソフラボン量が70〜75mg程度になるように豆乳の量を調整しましょう。

 

ナッツ類

 

 

 

 

ナッツ類ははむくみを解消するカリュウムや、イライラした気持ちを和らげるビタミンB6がたっぷり。ビタミンE・ミネラルも多く含んでいます。ビタミン・ミネラルが不足すると女性ホルモンのバランスが乱れ、冷え・頭痛・貧血などを引き起こします。ビタミンE・ミネラルは、ホルモン分泌を正常にしてくれたり血行を促す作用があり、ほかにも子宮収縮を緩める作用があるマグネシウムも含まれています。目安としてアーモンド10粒約72kcal クルミ5かけ 約84kcalが適正カロリーになります。
おやつをアーモンドにしたり、サラダに混ぜるのも効果的です。
ただ、カロリーも高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

生姜

 

 

生姜に含まれる「ジンゲロール」「ショウガオール」という成分が、代謝を上げて血行を促し、体を温めてくれます。生理痛がひどい以外でも、冷え性の方も生姜を摂るように心がけると良いでしょう。食べ物で生姜を積極的に取り入れたり、お湯にすりおろした生姜を入れた生姜湯などがおすすめです。
(※生姜紅茶も人気がありますが、紅茶にはカフェインが含まれています。カフェインは血管を収縮させる・身体を冷やす働きがあるため、生理痛がひどい時はなるべく控えた方が良いでしょう。)

 

グレープフルーツ

 

 

クエン酸が血液をサラサラにし、血流を良くする作用があります。冷やさず常温で食べましょう。
生理の1〜2週間前から毎日続けて、摂取しましょう。
柑橘の香りがブルーな気分をスッキリさせてくれるので、朝起きてグレープフルーツを半分〜1個、または100%のグレープフルーツジュースを1杯程度飲むのがおすすめです。
ただ、生理中に鎮痛剤を服用している場合はグレープフルーツは控えましょう。グレープフルーツに含まれる酵素がクスリの代謝を妨害するため、クスリの成分が血中に多くなり、過度に利用したのと同じ危険性があります。

 

チェストベリー

 

 

チェストツリーに含まれるチェストベリーは、卵胞ホルモン『エストロゲン』と黄体ホルモン『プロゲステロン』のバランスを整える働きがあります。この2つのホルモンバランスが整う事で、月経前症候群 (PMS)、月経不順や月経痛を改善・緩和する事ができます。チェストベリーは、ハーブなので、紅茶やサプリメントで取るのが適しています。

 

生理痛に悪い食べ物

血糖値を上げるおやつ

 

 

生理前でイライラしている時はチョコレートやケーキ、お菓子類を食べたくなる人は多いはず。でもこうした食品は血糖値を急激に上げてしまいます。そうすると体が驚いて、今度は血糖値を下げようと働いて、ジェットコースターの様に変動し、イライラなどの原因に。生理前の時期は、空腹時に食べるお菓子類(ケーキ、菓子パン、チョコレートなど)は少し減らし、なるべくヘルシーなものをとる様にしましょう。

 

チーズなどの乳製品

 

 

チーズ・牛乳など、動物性食品の乳製品をたくさん摂るとエストロゲンの分泌量が増加するとされています。
エストロゲンは過剰に分泌されると、生理痛の悪化につながると言われています。

 

冷たい飲み物

 

冷たい飲み物などを過剰に摂ると、体が冷えて血流が悪くなります。
冷たい物を摂り過ぎると体全体の冷えに繋がり、血流だけでなく子宮などの機能も低下します。
生理痛がひどい人は、なるべく温かい飲み物や食べ物を摂るのをお勧めします。

 

 

食べ物は毎日摂取すものなので、毎回気をつけるのは大変です。でも続ける事で生理痛は必ず緩和されていいくので少しづつでも取り入れていきましょう。めんどくさがりな方には、サプリメントなど目的にあった成分だけを取り入れる方法もおすすめです。

 

 

 

一緒にこんな記事も読まれています♪